毛抜と除毛クリームはどっちが肌にやさしい?

毛抜と除毛クリームはどっちが肌にやさしい?

毛抜と除毛クリームはどっちが肌にやさしい?

手軽にムダ毛の処理をするのならば、自己処理が良いと思いませんか。しかし、自己処理には危険が潜んでいるので気を付けなくてはなりません。ドラッグストアなどに行くと簡単に手に入れることができる除毛クリームですが、デメリットもあります。

 

ムダ毛が気になるところに塗ってしばらくするとムダ毛が溶けます。柔らかくなったところでティッシュなどで拭き取りますが、ムダ毛が溶けると言うことは、それだけ強い成分が入っていると言うことです。肌が丈夫な人ならばあまり心配しなくても良いかもしれませんが、肌への負担はあります。敏感肌の人はあまり使わない方が良いかもしれません。ただし、敏感肌用も発売されていますので、使ってみたいのならば、敏感肌用を使った方が良いです。

 

除毛クリームは使う前にパッチテストを忘れずに

使う前にパッチテストを目立たない場所でやってみてください。それで、問題がなければそのまま使っても肌荒れしないで済むでしょう。

 

しかし、もっと気を付けないといけない方法があります。毛抜はもっとも手軽にできると言っても良いかもしれませんが、とても肌に負担をかけるので要注意です。指のムダ毛など狭い範囲の数本を抜くくらいならと思っていませんか。

 

ムダ毛とは言え、毛周期があります。毛周期とは、体毛が生え始めてから抜けるまでの一連のサイクルのことです。しかし、ムダ毛を抜くと言うことは毛周期によって自然に抜ける前に自分で抜いてしまうので、肌への負担はかなり大きいです。すると、肌は傷付けられてしまうためにターンオーバーが乱れます。古い角質などがいつまでも肌に残るために肌荒れを起こすかもしれません。

 

埋没毛が多いは専門医への受診も考えて

最悪な場合は埋没毛となることもあります。毛穴が傷付けられたことで膜を張ってしまい、ムダ毛がその後に生えてきて炎症を起こすことがあるかもしれません。自力で解消することは難しいので、皮膚科を受診して適切な治療を受けてください。

 

除毛クリームと毛抜を比べると除毛クリームの方が比較的肌には優しいです。あくまでもムダ毛を抜くのではなく、溶かすだけなので埋没毛の恐れはあまりありません。しかし、毛抜の場合は埋没毛となる可能性もあるので気を付けましょう。

 

どちらにも共通して言えることは、アフターケアをしてください。ムダ毛を処理したところを保湿することで、肌のターンオーバーを早く正常に戻せます。すると、肌の状態が改善されるので肌荒れをしなくて済むかもしれませんし、埋没毛の危険性も低くなります。