脱毛クリームを背中に上手に塗るコツ

ケースベールリムーバー脱毛クリームを背中に上手に塗るコツ

脱毛クリームを背中に上手に塗るコツ

脱毛クリームは、広い範囲を処理することができて簡単にお肌がキレイになるので人気があります。アルカリ性の薬剤の含まれたクリームを塗ることで、毛を溶かすことができます。広い背中のムダ毛をカミソリで処理するのは大変で、カミソリは刃物なので間違って肌を切ってしまったりするリスクがあります。その点、脱毛クリームは塗って10分から15分ほど待ち、シャワーなどでよく洗い流すだけなので簡単です。

 

毛を抜くのではなく毛を取り除く行為になるので、背中のムダ毛を処理するのにももってこいです。ただ背中は自分では見えない部分なので、塗り方がわからない人も多いでしょう。脱毛クリームを使って背中に上手に塗るにはコツが必要で、まず大事なのはパッチテストを行って使用しても肌に問題がないとわかったものを使用するようにします。
一般的に男女兼用と男性用2種類ありますが、剛毛でない限りは男女兼用がオススメです。

 

クリームには特有の独特のきつい匂いがあるので、香りのきついタイプは避けた方がいいでしょう。処理する場合は鏡が必須で、肩甲骨のあたりなどは特に塗るのが難しいので必ず用意しておくことです。自分がよく塗りたい場所を確認するために使うので、種類は手鏡や姿見でも何でも良いです。背中に上手に塗るのに欠かせないのがヘラで、柄があってヘラ部分に乗せられるものならなんでも構いません。

 

適当なものがなければ大きめのバターナイフやゴムベラでも良く、スポンジも必ず用意しておきます。シャワーでクリームを落とす際に便利で、風呂用のボディスポンジなどでやさしくこすると確実に毛をとることができます。素手よりもずっと簡単に落とすことができるので、是非用意しておきたいアイテムです。

 

脱毛クリームを使って処理する時は風呂場へ行き、匂いがこもらないよう換気扇を回します。そしてお風呂に入って体についた余分な油分や汚れを洗い流し、よく体を拭いて乾かします。次に蒸しタオルで毛穴を広げてやると効果的で、毛穴が広がるとクリームが毛穴に入りこみやすくなります。10分ほど暖かい蒸しタオルを当てた後、バスタオルなどでしっかり体を乾かしてから肌に塗るのがコツです。

 

塗る時はヘラに乗せて塗るのですが、コツはバターをパンに塗る感じをイメージするとわかりやすいかもしれません。最初は上手くいかないかもしれませんが、回数を重ねるにつれて塗り方のコツはわかってきます。大事なのは脱毛の効果を最大限に高めるため、ケチらずにたっぷり使うことです。脱毛クリームを塗る時は、手できちんと肌にすりこむようにします。

 

強くこすらないよう注意しながら、背中の毛穴に確実にクリームが浸透するように塗りこんでいきます。塗った後の待ち時間は製品にもよりますが、大体10分から15分が目安です。湯船に脱毛クリームが溶けこむのは気持ちの良いものではないので、最後はシャワーでクリームが肌に残らないようしっかり洗い流しましょう。