ケースベールリムーバー産毛なら脱毛クリームのほうが肌に優しく脱毛できるのでは?

ケースベールリムーバー産毛なら脱毛クリームのほうが肌に優しく脱毛できるのでは?

産毛なら脱毛クリームのほうが肌に優しく脱毛できるのでは?

顔脱毛を行う場合、脱毛サロンで処理してもらうほか、家庭用の脱毛器を利用する方法、さらに脱毛クリームを利用する方法などで処理は可能です。通常、サロンや家庭用の脱毛器ではフラッシュ脱毛が利用されています。黒い色、濃い色に反応する性質を持っている光を照射することで、毛母細胞に働き掛けて脱毛を行います。では、色素が薄い毛の場合はどうかと言うと、どうしてもきれいにムダ毛の処理が出来ないと言う事も少なくありません。もちろんある程度見ればその毛が生えているのが分かる程度の産毛の場合は、脱毛器を利用する方法でも処理は可能です。しかし顔に生えている毛の場合は近づかなければ分からない位色素が薄い事も決して少なくありません。

 

もちろん何度も光を照射すれば全く脱毛できないわけではありませんが、光を照射すると肌が強く日焼けをした様な状態になってしまうので、ノーダメージで処理できるわけではないのです。つまり産毛の処理をしようとするが為に何度も光を照射すると、その施術の効果以上にドンドンとダメージが蓄積されてしまう可能性があると言うことです。ただその人の肌質によってもダメージの影響の出方は違う為、十分に気を付けなければなりません。

 

その点、脱毛クリームは肌の表面に生えている毛に対して作用する為、その毛の色の濃さは一切関係ありません。濃い色の毛にも、そして産毛の様な薄い色の毛にも利用する事は原理的に可能です。もちろん肌に対して出来るだけ負担を掛けないように保湿成分等も配合されている物も有る為、利用しても大きな肌トラブルが発生しないで安心して使用する事もできます。さらに脱毛クリームの中には抑毛効果が期待できる成分が配合されている物もあり、このタイプを利用すれば次第にムダ毛自体が生えにくくなる仕組みです。製品に記されている使い方を守れば安全に使用する事が出来、効果が出ないからと言って何度も施術を重ねる必要も有りません。だから脱毛クリームの方が脱毛サロンや自宅の脱毛器を利用して脱毛する時よりも優しく処理できる傾向となっています。

 

しかし実際には100%安全に、そして肌に優しく脱毛できると言う訳ではありません。注意したいのは顔脱毛の時で、この場合、顔に使えるタイプを利用しなければなりません。顔の皮膚は他の部位に比べると非常にデリケートであるだけでなく、トラブルが起きてしまうとかなり目立ってしまいかねないからです。だから、もし体に使用するタイプを顔に使ってしまうと、結果的に産毛が綺麗になるどころか肌に何らかのトラブルが発生してしまうなんて言う事にもなりかねません。したがって、顔脱毛を行う場合はサロンや家庭用の脱毛器を利用するか、顔にも使う事が出来るタイプの脱毛クリームを利用するようにします。もちろんどの方法を選んだとしても、100%顔に安全とは言い切れません。痛みやかゆみなど何らかの刺激を感じた際はそのまま我慢するのではなく、まずはその施術をやめ、肌を清潔な状態にして様子を見ます。