ケースベールリムーバー脱毛器と脱毛クリームのダメージ比較

脱毛器と脱毛クリームのダメージ比較

脱毛器と脱毛クリームのダメージ比較

脱毛は本格的にエステサロンや医療機関で行う人も多いですが、自己処理で対応している人も少なくありません。自己処理は手軽に行うことができて、安上がりなのが魅力ですが、間違った方法を選んでしまうと肌にはダメージが起きてしまいます。毛が目立たなくなるだけではなく、肌の健康を守ること、美肌を維持できることも大事ですので、できるだけ安全性の高い方法を選びたいところです。

 

家庭で手軽に行える方法としては、まずは脱毛クリームがあげられます。これは、特殊なクリームを気になる部分に塗布し、毛を処理していくというものです。毛は溶かされて処理されますが、毛根までは作用させることは難しく、どちらかというと肌の表面の毛だけを目立たなくする方法です。毛を溶かすほどのパワーがあるクリームですので、ある程度の肌のダメージはあると考えておきましょう。

 

とはいえ、カミソリよりは肌に優しいとされており、カミソリ負けしやすい人にも安心できる方法ですし、敏感肌用などより肌への優しさを考えて作られた商品も登場しています。毛はすぐに伸びてしまいますので、頻繁な処理が必要です。そして処理を何度も行うことはうやはり肌への負担は増えるということは理解しておきましょう。
脱毛クリームを使ったあとは、肌も乾燥しやすくなっていますので、保湿ケアを行うなどスキンケアも丁寧に行うことが大事です。

 

この他の自己処理の方法としては、家庭用脱毛器の利用も人気となっています。かつては、シンプルに毛を抜きとるだけというタイプもありましたが、家庭用の機器も日々進化しており、今ではサロンのような光脱毛ができる機器も販売されています。こうした脱毛器の場合は無理に抜くのではなく、あらかじめムダ毛は電気シェーバーなどで処理をしておき、毛根の黒い部分に照射を行うこととなりますので肌への負担はかなり抑えられています。

 

そして、特殊な光の照射はコラーゲンの生成に役立つなど美肌にも良い効果を期待することができます。とはいえ、やはり照射レベルが高すぎると火傷のリスクもありますし、肌に優しい方法とはいえ、照射直後はいつもより肌はデリケートとなっていますので、ゴシゴシこするような体の洗い方は避け、優しいケアを行っておきましょう。乾燥もしやすくなっていますので、保湿をきちんと行うことも大事です。さらに照射後は紫外線の影響も受けやすいのでシミを作らないよう、日焼け対策をきちんと行うことも大事です。

 

薬剤は使用せずに処理ができますので、脱毛クリームなどの薬剤が苦手という人にも安心できる方法と言えます。そして、照射を行うたびに毛の量は少なくなっていき、だんだんと自己処理の手間も少なくなりますので、肌への負担はかなり抑えられるようになります。家庭用脱毛器も脱毛クリームも実に多くの種類が販売されていますが、肌のダメージを抑えるためにはできるだけ高品質なものを選ぶこと、正しい使い方を守ることも大事です。